田舎で家族葬をするメリットとデメリット

田舎で家族葬をするメリットは、親しい人の集まりなので気が楽、告別式で失敗しても大丈夫などが挙げられます。



故人の家族や親戚、生前親しかった人達のみの集いなので、ほぼ顔見知りでもあります。そのため、見知らぬ人同士のように気が重くなることはありません。
また、精進落としの際にふざけた話をしたとしても、冗談と認識してもらう寛容さも期待できます。

気軽に物を言い合える気楽さもメリットと言えます。
あと、告別式で失敗したとしても、フォローしてもらえる可能性があります。
それに、失敗しても身内同然の付合いの人が多いことから、みんな笑って受け止めてくれます。このように、失敗を恐れる必要なく告別式でスピーチできるのも良い部分です。

デメリットは田舎で家族葬を行うと、不参加者からクレームがくることがある、香典収入を期待できないなどがあります。

家族葬の口コミ情報を掲載しています。

田舎でもあるので都会に住んでいる時は、諸事情で家族葬に参加できないことがあります。


そのため、不参加者から式の日をずらしてほしかったと言われることもあります。
主に年配者に多いことですが、何とか説得してなだめるしか良い対抗策はないです。

また、家族葬は香典収入を期待できないため、一般葬よりも費用がかかるケースも存在します。

YOMIURI ONLINEの詳細についてはこちらです。

香典返しも必須なため、計算をすると赤字になる可能性が高いです。
ただ、家族で費用を出しあうことにより、それらの赤字額を減少させることもできます。

なので、それほど心配する必要はなさそうです。


社会の秘密

現代は冠婚葬祭に関しても個性邸で独自性のある感性や感覚をみることができるのです。地味婚やスマート婚、ナシ婚などは現代の冠婚葬祭に関する価値観の多様性を顕著に表していると言えるでしょう。...

more

大事な社会の事

家族の形が変わるに伴い、葬儀の仕方も家族にあった形へと変化しつつあります。その中で選ぶ家庭が増えているのが家族葬です。...

more

わかりやすい情報

葬儀や通夜などを終えた後、悲しみよりも疲労感や達成感が勝ってしまったという経験をした人は少なくありません。故人の交友関係や働き先の規模が広く大きければ参列者は多くなってしまいがちになり、それを家族や親族だけで対応するとなると忙しなくなってしまいます。...

more

社会が気になる方

家族が亡くなった時には葬儀を執り行いますが、従来どおりの葬式ではなくて家族葬を選ぶご家族も増えつつあります。規模が小さくなり、ほぼ家族や親戚のみという少人数で執り行うスタイルなので、弔問客の方もいないというのが当たり前になってきているのです。...

more